サポートページトップへ戻る
8.取付け手順その1

フェンダー社のストラトキャスターのような、ピックガードにアッセンブリが取り付けてあるギターなどは、弦を外す必要があります。ギブソン社のレスポールモデルのように、その必要がないギターもあります。




ボリュームノブを取り外して下さい。真上に引き上げると抜き取ることができますが、きつい場合は、ウェスを下の隙間に挟み込み、包み込むようにして真上垂直に引き上げることで抜くことができます。また、ノブの横から、ネジで固定されている場合は、必ず、そのネジを緩めてから抜いて下さい。ノブを抜いたら、フェンダー社ストラトタイプモデルは、ピックガードを外します。ピックガード取付けネジを一つ一つ丁寧に外します。ギブソン社レスポールタイプモデルは、ボリュームアッセンブリが収められているボディー裏のパネルを外します。同様に取付けネジを丁寧に外します。




既存ボリュームポット(N-TUNEに交換しようとするボリューム)を取り付けてあるナットを外します。その時、ピックガード表面(レスポールタイプの場合はボディ木部)を傷付けないよう注意してください。そのためにもボックスレンチの使用をお勧めします。このとき、既存ボリュームポットに半田付けしてある状態(どの線が、ボリュームポットのどこに半田付けしてあるか)を、スケッチして大切に保存してください(外す線それぞれに、マスキングテープを付け番号を入れ、スケッチ図に書き入れると、尚、分かりやすくなります)。そして、半田ゴテを使って、取付けてある線材を丁寧に外します。必要に応じて、半田吸い取り器などを使用してください。







外した既存ボリュームポットの場所に、一旦、N-TUNEのボリュームポットを差し込んで、穴の大きさやシャフトの長さを確認します。N-TUNEのボリュームが差し込めれば、まずは、穴の直径に問題はありません。しかし、もし、穴が小さくて差し込めなければ、リーマーなどで、穴の径を大きくして下さい。N-TUNEのボリュームポットのシャフトは8mmです。先端にコネクター付きのリボンケーブルを通しますので8.75mm径ぐらいまでに、加工して広げるのが適度です。





商品に同梱されているナットとCワッシャを下図のように付けて、ピックガード(ストラトタイプ)または、ボディ(レスポールタイプ)に差し込みます。差し込んだ時に、図の寸法の5.5mmと記してある寸法が、5.5mmまたはそれ以上になるように、ナットの位置を調整してください。もし、5.5mm以下になってしまう場合は、N-TUNEボリュームポットのCワッシャの下のナットを外し、薄いプラスチックワッシャに取り換えて使用する枚数で調整してください。




取付け手順その2へ続く
トップページへ