サポートページトップに戻る
3.イントロダクション

クロマチィックチューナーN-TUNEは、エレキギターのボリュームコントロール部に取り付けます。しかも、フェンダー社の通常のストラトキャスタータイプのギターや、ギブソン社の通常のレスポールタイプのギターであれば、木部加工や特別な加工が不要で、ギターテクニシャンにとっては、簡単な作業で取付けられます。作業量的にも技術的にも、同じ形のピックアップ交換とほぼ同じ程度です。

 N-TUNEを取付ける際、3つの端子を持つ通常のギター用ボリュームポットを外して付け替えます。N-TUNEと付け替えができるポットは、次の2通りに限定されますのでご注意ください。
* A250kΩポット 主にフェンダー社ストラトキャスタースタイルのギターに使用されています。
* A500kΩポット その他の多種ギター・ベースに使用されています。
 抵抗値が同じ3つの端子を持つものであれば、B250kΩなどでも付け替えが可能ですが、N-TUNEを付けた場合は音量カーブがAカーブとなることをご了承ください。

 注意)上に示したポットを使用のギターやベースでも、単純なボリューム調整以外の役割をポットにさせている特別な回路(例、VCA回路)の場合は、チューナー機能が作動しませんのでご注意ください。

重要事項)N-TUNEを取り付ける事は改造するという行為となりますので、あなたのギターのギターメーカーからの保証が受けられなくなることがあります。あなたのギターのメーカーまたは、ギターをご購入された販売店に確認することをお勧めします。

N-TUNEの取付けは、なるべく、ギターカスタムショップや、きちんと修理が出来る販売店のプロのギターテクニシャンに依頼することをお勧めします。製造元のZero Crossing Incも、日本正規輸入販売元のコウスキミュージックアンドサウンド株式会社も、N-TUNEの取付け作業により生じた一切のあなたのギターや周辺機器へのダメージについて責任を負いませんのでご了承下さい。


トップページへ